いらいらする原因はあなた自身

この前仕事で、イライラした話。

 

自分で考えず状況だけを伝えてきて、「どうすれば良いですか?」。。

心の中ではこんな感じ↓

仕事って言っても色んなポジションがあるけれど、その人(Aさん)は言われたことだけをやれば良いポジションではない。

「ちょっとは自分で考えてください」、「だからどうしました?」なんて言いたい気持ちに駆られたけど、グッと堪えて我慢。

「イライラしては駄目だ」と思いつつもイライラしてる自分に気づき、でも抑えられず、結局Aさんにキツく接してしまいました。

「どうしたらイライラせずに済むのか」、「何にイライラすると感じるのか」。

それに気づければ、次に活かせると思うのです。逆に言えば、イライラしたことを後悔するだけで、その背景に目を向けなければ、成長することは難しい。。

結論としてこの時は、自分と同じところにイライラしていました。

僕自身、自分で考えて決めることが苦手です。知っている・得意な分野なら積極的に動けますが、不安・自信がない分野だと、他の人に頼ってしまいがちです。

さらに言えば、今回Aさんが「どうすれば良いですか?」とぶん投げてきた内容は、僕自身「困ったなぁ」と思う苦手なところ。

自分に余裕がないから、相手の弱さを受け止めることができなかったんだなぁと、情けないながらも気づけました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください