自分の行動パターンに気づく

自分の行動のパターンに、気づいていますか?

僕たちはこれまでの経験を通して、いろいろな価値観(考え方)を身につけています。

そして良くも悪くも、無意識のうちに価値観の影響を受けながら、自分の行動を選択しているのです。

その行動による結果が自分にとって望ましいものであれば、その背景にある価値観もまた、自分にとって望ましい(有効に機能している)と言えると思います。

でも、もし反対に望ましくない結果に繋がっているのであれば、望ましくない(有効に機能していない)価値観と言えます。

僕たちは自分の行動に後悔したとき、「次はこうしよう!」と思うけれど、なかなかうまくいかないことも多いですよね。。。

行動は価値観が表に現れた結果です。その行動を変えるためには、まずは背景にある価値観に気づくことがとても大切だと思うのです。

僕自身の話ですが、先日、自分のパターンに気付くことがありました。

それは、サークルに飛び込めなかったというもの。

大学のサークルの話ではないです!ロックフェスの話です!!

関東で開催されたロックフェスに行った時のこと。あるバンドのステージ中に、突然前の人たちが後ろにぐわーっ!と下がってきました。なんだなんだ⁈と思っているうちに、すぐ目の前にサークル状のスペースが出来上がったのです!

「モッシュ」という言葉は知っていて、たぶんそれ系だろうと予想はできました。けれど興味はありつつもサークルに近づくことはできないまま、曲のサビのところで近くの人たちがサークルの中心に吸い込まれていき、サークルはなくなりました。僕は動けませんでした。

サークルに飛び込めなかったことを僕は後悔しました。もう一回できないかな、次こそはと心の中で呟きました。

でもそこで思ったんです。もう一回とか次はと考える時点でダメだと。人生ではチャンスは何度もやってこないと。

そして気づきました。僕の行動パターンに。

「経験したことがない状況では、周りの様子を見て動かない」

そしてその背景には、「リスクは犯さない方がよい、知らない状態で飛び込むのは危ない」という価値観があることに。

この価値観は、それ自体は間違ったことではなく、良いも悪いもないと思います。状況によっては命拾いすることもあるかもしれません。

でも、僕にとっては望ましくない結果に繋がっていました(有効に機能していない)。

パターンに気づいたからといって、イコール変えられるわけではありません。

でも気づかないと、変えることは難しいです。

自分の行動パターンに目を向けてみると、思っている以上に、多く見つかるのではないでしょうか。

(ちなみに、2回目のサークルはやって来ませんでした。さらに言うと、自分からサークルを作りにいくこともできなかった。。これも僕のパターンですね。)

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください