自分の枠を超える

ぼくは人前に出ること・率先して行動を起こすことが苦手です。
失敗することが怖い、失敗して人から低い評価を与えられることが怖いからです。
だから、学校の授業で手を挙げて発表したことなんて無いし、それは社会人になっても同じでした。

手を挙げるか迷って、そわそわしたまま結局何もせずに別の人が手を挙げて、居心地の悪さが残ってました。

「自分の意見を言うと間違っていた時に批判される」「失敗するかもしれない」という不安な気持ちが、心の中に枠として存在していて、「手を挙げてみよう」という気持ちは、その枠を超えることができないんです。

でも今日は、その枠を超えることができました!

いま僕はキャリアコンサルタント資格を取得するためのスクールに通っているのですが、今日は講座の中で、生徒のうち2人が他受講生の前でロールプレイングをする日でした。

そのことを先週の講座で聞いてから、僕の心の中では、もやもやが収まりませんでした…笑

ロールプレイングのキャリアコンサルタント役に手を挙げたほうが、貴重な練習経験が積めるフィードバックも貰える絶対に良い機会だと考える自分がいる 一方では、「うまくできるか自信が無い」「怖い」と考える自分がめちゃめちゃ強く存在してました。

頭では絶対に手を挙げたほうが良いと分かっているのに、決めきれない。。

結局手を挙げられず、安心しつつも後悔している自分の姿が鮮明にイメージできました笑

でも、僕はもう自分の本当の気持ちが分かっています。
手を挙げて、経験する絶好の機会を得たいし、何より失敗が怖くて手を挙げられない自分を変えたい。

もやもやから変わって、ばくばくする心臓を感じながら、「誰かキャリアコンサルタント役をする人~?」という講師の声に続けて、さっと手を挙げることができました…!!

本当にうれしかった!手を挙げた自分偉い!!まじで!!!

小さなことだけど、自分の枠を1歩超えられた話でした^^
(ロールプレイングはめちゃめちゃ緊張したけど、講師・受講生からたくさんフィードバックを得られる素晴らしい経験でした!)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください