自分を信じるということ

自分を信じる、という話。

自分を信じるって、どういうことでしょうか。

自分の能力に自信を持つことでしょうか。例えば、自分の記憶力だったり、スポーツを上手にできることだったり、人と楽しく話せることだったり?

僕が最近感じたのは、

「自分を信じるというのは、これまでに自分が経験してきたすべてのこと(良い思い出も、悪い思い出も)すべてを受け容れて、それらすべての経験があったからこそ、いま現在の自分になっていることに気づくこと」

ということ。

受け容れるって言葉も少し曖昧だけれど、「あのときの嫌な経験があったから、今のじぶんがこういう考え方をするんだなぁ、といった感じに、今までのじぶんと今の自分が繋がる感覚」だと思ってます。

自分を信じていれば、自分のすることに納得できるし、毎日の生活を前向きに歩いていけるのではないか、と思うのです。

時にはこれまでの人生を振り返って、楽しかったこと、辛かったこと、いろんなことを思い出す時間をつくる。

これからの未来に不安を感じたり、わくわくが湧いてこないとき、改めてじぶんを信じなおすことで、きっと明るい将来を描けるはずです^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください