人を信じるということ

「断言しよう。私たちはまだまだ多くの点で改善できる」

マンチェスターシティがFAカップを制覇して、イングランド史上初となる国内3冠を達成したという記事がありました。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190521-00010003-fballista-socc

僕はサッカーは詳しくないです。なので三冠達成の凄さはあまり分かってません!(笑)

ただこの記事を読んで思うことあったので、それを書きたいと思います。

それは、「人を信じる=その人の可能性を信じる」なんだということ。

例えば会社で人に仕事を任せるとき、その人なら出来ると信じているからこそ、その人を信じて任せることができる。たとえ期待通りに出来なかったとしても、その人の成長を信じていれば、また次も任せることが出来るはずです。

また例えば、誰かのチャレンジを応援するとき、その人の可能性を信じているからこそ、心から応援することができる。どうせ失敗するだろうと思っていたら、心から応援することなんてできないですよね。

記事中の次の言葉が、監督ペップが名将と呼ばれる所以だと思いました。

「指揮官の向上心がとどまることを知らないのは、選手たちの伸びしろを信じているからこそ。」

可能性を信じるのは自分に対しても一緒。自分自身の可能性を信じる人しか、チャレンジし続けることは出来ません。

そして、自分の可能性を信じられる人にしか、相手の可能性を信じることは出来ないのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください